【アロマ】もはやなくてはならない愛され続けるラベンダーの

こんにちは、一湖です。

 

今日はラベンダーの話です。

なんでかと言うと、もうもうすぐラベンダーの季節ですし、お店でも見かけるようになってきたのでちょっと話したいなと思いました。

 

 

ラベンダーとは

ラベンダー

ラベンダーとは、世界各地で育てられ、愛されているハーブの一種です。

ハーブやアロマテラピーでは欠かすことのできないラベンダーですが、いくつかの種類があります。

日本で定番なラベンダーは、真正ラベンダーという種類でイングリッシュラベンダーとも言われます。

日本で「ラベンダー」と言ったら真正ラベンダーということになります。

 

主に精油になるラベンダーですから香りは素晴らしです。

 

ラベンダーは清々しく瑞々しくて、リラックスができるし何より使いやすい。

濃度が強くなりすぎて刺激になる心配も少なく、比較的どんな香りとも相性が良い上に手に入れやすいです。

 

合成香料のラベンダーとは別物なので注意です。

天然の香りは本当に清々しく常備しておかないと心配になるレベルの香りです。

 

他にもフレンチラベンダーやスパイクラベンダーなどなどいくつかの種類があります。

 

ラベンダーの活用法

ラベンダーは本当に万能です。

どんなふうに使うか簡単にみていきます。

アロマテラピー

アロマテラピーとは、香りを意味する『アロマ』と療法の意味を持つ『セラピー』を組み合わせた造語です。

この言葉はフランス人科学者のルネ•モーリス•ガットフォセ博士が作りました。

アロマセラピーを学んでいる中で必ず遭遇する話ですが、

博士が実験中に火傷をしてしまい、すぐに治療を受けましたが経過が良くなく、その時に患部へラベンダーのオイルを塗布したところ、治りが早まり、さらには傷跡さえも綺麗に治ったことからこの言葉が生まれたそうです。

ここは必ずテストに出ます!

アロマテラピーって、香りを感じてる時点でアロマテラピーになっています。

身近なところで言うと、芳香浴です。

体に使うボディートリートメントなど様々ですが、もっと手軽で簡単な化粧品に香りがついていてその香りに癒される、などもありますよね。

意外と身近で、気付かぬうちにセラピーしていることもありますね。

ハーブティー

ラベンダーのハーブティーも美味しいです。

清々しい香りと共に、爽やかな飲みごごちでハーブティーが苦手でなければいけるかもしれません。

好き嫌いはあるかもしれませんしアレルギーには注意ですが、リラックス効果や不眠気味の方には試してほしいハーブティーです。

とにかく安らげます。

ポプリ

毎年富良野にラベンダーを見に行くのですが、その時に買うことがあるのがポプリ。

これなかなか使えます。

とにかく置いておくだけでいい香り。精油とはまた違った香りで癒されます。

ポプリの香りが薄く感じるようになったら、そこにラベンダーの精油を垂らせばまだまだ楽しめます。

引き出しに入れたりするのもいいですよね。開けた時にいい香り。

湿度が高い時はカビに注意ですが、なかなか使えます。

 

香りの効果

ここからはラベンダーの効果を話していきます。

リラックス効果

ラベンダーと言ったらリラックスって感じですよね。

心を落ち着かせてくれるから、不安を和らげたり緊張を解いてくれたり、イライラ気分を落ち着けてくれたり、目濡れない夜には強い味方になってくれたりと、ラベンダーの優しい香りに助けられます。

 

鎮静、鎮痛効果

筋肉や関節の強張りを和らげてくれる効果も期待できます。

筋肉痛も鎮めてくれるのがラベンダーです。

キャリアオイルにラベンダーを数滴入れてマッサージをすると体も時解されて効果的です。

直接肌につける時には、キャリアオイルやベースオイルと言われるオイルに混ぜて使いのが基本です。

使用の際は注意しながら。

 

その他、注意点

他にも、免疫力位アップや抗菌殺菌作用、肌トラブルの予防など様々です。

 

最後に注意点ですが、妊娠中の使用は控えた方がいいです。

どうしても使いたい時など、気になるときは医師に相談した方が間違い無いです。

 

精油の基本ですが、直接肌につけることも避けてください。

ラベンダーだとほんの少量でしたらそこまで心配することもないですが、基本は直接肌につけない、ついたらすぐに洗い流すなどしてください。

肌につける際は、薄めるための別のオイルなどで希釈してから使います。

ベースオイルやキャリアオイルと言われるものです。

オイルの種類により高濃度で使用できないものも多くあるので気をつけてください。

ラベンダーはそこまで神経質になる必要なく使えるので、その部分では安心です。

 

その他、ハーブティーにもラベンダーがあるからオイルを入れて飲もうもだめです。

食用のオイルとなっていないものは口にしないようにして下さい。

 

使用するにあたり、心や体に不安がある時は医師に相談してみるのがいいです。

 

使い方や効能に関して気になる部分があるときは、

もしも身近にアロマセラピーに詳しい人がいたら聞いてみるのもおすすめです。

私もおりますので。

気になることや不明な点は聞いていただけましたら、お答えしています。

エンディング

エンディング

と言うことで今日はラベンダーについて話していきました。

 

ラベンダーっていい香りですよね。

すごくありきたりな言葉ですが、これにつきます。

本当にいい香りです。

 

今後おすすめのラベンダーオイルの紹介もしていきたいです。

 

この記事の内容はPodcastでも聴くことができます。